2018年03月12日

慢性便秘治療のガイドライン

慢性便秘治療のガイドライン



0312.PNG

     

 2017年に慢性便秘症診療ガイドラインが出版されました。
それ以降、ネットや各製薬会社より色々な情報が出ていますが、この機会ですので本ガイドラインを紐解いて、また小児のガイドラインも以前に出版されていますので、便秘全体についても考察してみました。



 まず、本ガイドラインの要旨を纏めてみます。図表は下記のPDFをご参照ください。


1) 便秘の定義は 「本来体外に排出するべき糞便を、十分量かつ快適に排出できない状態」 として
   います。
   つまり排便回数よりは、個人的な快適さが重要なようです。

2) 原因分類として、器質性(疾患がある) と 機能性(重大な疾病は無い)

3) 症状分類として、排便回数減少型 と 排便困難型

4) 病態分類として、大腸通過正常型、大腸通過遅延型、便排出障害
   これらは相互に関連している。

5) 診断基準は下記の表ですが、排便回数は週3回未満、便の性状はブリストルスケールのタイプ1や
   2に該当

 

         0312-2.PNG

 

6) 慢性便秘の中でも腹痛や腹部不快感を伴う便秘は、便秘型過敏性腸症候群
   (IBS)の可能性がある。

7) 新たに上皮機能変容薬が設けられた。  (アミティーザ、リンゼス)
   本院ではアミティーザは夕食1錠、リンゼスは夕食1錠とします。

8) 薬剤の推奨度は下記のPDFを参照




私見)
 ガイドラインの主な図表は下記のPDFに収めました。
 また小児をはじめ、便秘一般について下記の文献より学習しましたので、それもPDFに纏めてみました。
 実地医家の場合に「便秘に始まり、便秘に終わる。」感があります。



  
 参考文献
  雑誌小児科特集 : 症状 症候から診断を導くコツ:2012
  これから出会う物語 : 中山書店
  雑誌小児科;小児の便秘、v56,n10,2015
  小児プライマリケアガイド : 羊土社
  薬局 直腸投与製剤 : 南山堂 




便秘ガイドライン.pdf

便秘論文集.pdf

慢性便秘症治療薬アミティーザの効果.pdf

アミティーザを服用される患者さんへ.pdf

リンゼス.pdf










posted by 斎賀一 at 20:00| Comment(2) | 消化器・PPI