2018年02月27日

降圧剤の他剤追加処方は有効

降圧剤の他剤追加処方は有効

Incremental effects of antihypertensive
drugs: instrumental variable analysis



0227.PNG


 

 以前のブログでも紹介しました厳格療法(120以下を目標)を推奨した、SPRINT研究での観察研究という方法を操作変数法で解析し直した論文が、BMJに少し前に発表になっています。
降圧薬の多剤併用を患者さんにお勧めしている関係で、本ブログでも掲載いたします。

 以前は降圧剤を追加するに従って、その効果は残念ながら減少してしまい、却って副作用が増してしまうと言った報告がありましたが、今回の解析結果では、作用機序の異なる降圧剤を追加する事により降圧効果は増してゆき、しかも副作用は同程度で、累積的に増加はしないとの事です。

詳細な結果はPDFのグラフをご参照ください。





私見)
 論者も述べていますが、問題は費用対効果です。
 また、アドヘアランス(飲み忘れ予防効果)の為にも合剤が有効との事で今後本院でも検討してまいり
 ます。





降圧剤の併用.pdf

Incremental effects of antihypertensive drugs.pdf








 
posted by 斎賀一 at 20:18| Comment(0) | 循環器