2018年01月06日

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の初期治療の注意:LABAとLAMAに関して

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の初期治療の注意:LABAとLAMAに関して

Association of Cardiovascular Risk With
Inhaled Long-Acting Bronchodilators in Patients
With Chronic Obstructive Pulmonary Disease



0106.PNG



 COPDの治療に長期作用型の気管支拡張薬であるLABAとLAMAは、色々な研究よりその有効性が
証明されていますが、喘息の時にLABAに対する注意勧告が出たように、COPDに関しても大丈夫か
との心配がありましたが、やはりと言うか、台湾より警告する論文が出ており、多数のネットでも紹介
されています。
その有効性を鑑みて本院の方針を記載したいと思います。



論文の主旨は

1) 40歳以上で、1年間に2回以上の外来受診か1回の入院歴のあるCOPD患者に新たにLABAか
   LAMAを処方して、心血管疾患(冠動脈疾患、不整脈、心不全、脳梗塞)の発生を調べています。

2) 146,139名中37,719名が重症の心血管疾患を併発していました。

3) 処方後の30日以内での心血管疾患の危険率は
   LABAで1.5、LAMAで1.52、LABA+LAMAで2.03でした。
   しかし、30日を過ぎると危険率は下がり、70~240日で、処方していない患者との差は無くなって
   いました。

4) 尚、心血管疾患や、以前のCOPDの急性増悪の既往歴とは関連性がありませんでした。またLAMA
   の用量とも相関関係を認めていません。






私見)
 心血管疾患のある患者さんに処方する前に、心血管のチェックをする事は大事ですが、それだけで安心とは言えないようです。COPD患者さんが吸入を追加していく場合は急を要するので、著者は心血管の治療を並行して行う事を勧めています。
 ガイドラインに添って先ずLAMAより開始するようにしますが、少量なら安全、ともいかないようです。
対策として処方する場合は、効果と心疾患の発生のチェックのため、1週間隔の来院が大事なようです。
用量とは関係ないとの事ですが、LABAとLAMAの合剤は1吸入ずつを1日2回としてはどうかと思いますが?(本院では以前よりそうしていましたので...。これは自己満足?)





Cardiovascular Risk and Inhaled Long-Acting Bronchodilators _ A.pdf

気管支拡張薬外用剤型一覧(1).pdf

スピオルト レスピマット 60吸入.pdf















posted by 斎賀一 at 15:15| Comment(1) | 喘息・呼吸器・アレルギー