2017年12月21日

DAA(経口C型肝炎治療薬)は肝線維化を改善

DAA(経口C型肝炎治療薬)は肝線維化を改善

Improvement of liver stiffness in patients with hepatitis
C virus infection who received direct-acting antiviral
therapy and achieved sustained virological response



1221.PNG



 日本の研究者からの報告です。
日本で最初に上市されたダクルインザ/スンベブラで効果のあった210人を対象に(SVRつまりウイルスが消失)その後の肝線維化の改善率を調べています。
Elastographyや計算式(下記のサイトを参照)を用いて、肝線維化の程度を比較検討しました。
DAAによりSVRを達成できれば、早期に肝線維化は改善されるとの結論でした。
この事は慢性肝炎から肝硬変、さらなる肝癌への予防につながる事を証明しています。




私見)
 早期でのDAAの導入は効果的ですし、また肝硬変患者の進展をも予防出来そうです。




 http://www.eapharma.co.jp/medicalexpert/product/livact/fib-4/


abstract.pdf







posted by 斎賀一 at 12:46| Comment(1) | 肝臓・肝炎