2017年11月29日

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)について

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)について

Cause, Pathogenesis, and Treatment of Nonalcoholic Steatohepatitis
            N Engl J Med 2017;377:2063-72.



1129.PNG



 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)とNASHとの関連性を含め、最近のデータを交えた総説がNEJMに出ました。

 先ず私のこれまでの理解としましては、NAFLDは脂肪肝であって炎症は無いので、進行性は少ないがNASHは肝炎であるため進行性の生物学的特徴を有し、肝硬変、肝がんの危険性は少ないが、全くないという訳ではない。肝機能検査のASTがALTより増加傾向ならば、NASHに移行している可能性がある。
と理解していましたが、今回の総説ではかなり私なりに訂正が必要なようです。


         1129-2.PNG
                              日本消化器病学会のガイドライン



         1129-3.PNG
                         
                          日本消化器病学会誌 : 2017年5月号より





NEJMの総説を纏めてみますと

1) アメリカではNASHの80%に肥満、72%に脂質異常症、44%にU型糖尿病を合併しています。

2) NASHの特徴は、肝組織に線維化が起きている事です。
   しかも進行性の病態と捉えていますが、その変化はダイナミックで線維化の無いNAFLDに後退する
   事もあれば肝硬変に進行する例もあり、個々の症例で異なっています。

3) NASHが無くてもNAFLDから肝癌が発生する事もあるし、アメリカで問題になっているのは子供でも
   NASHを罹患している点です。




        1129-4.PNG


 
   
4) 原因として、脂質代謝、遺伝子関係、環境因子(腸内細菌も含めて)
   が記載されていますが、煩雑なので省略します。
    (メカニズムが複雑なのか、未だ不明瞭なのか私には判然としませんので...。
     つまり省略となります。)

5) 診断の基本は肝生検との事です。

6) 治療に関しても未だ黎明期の様ですが、ライフスタイルは重要な様です。
   糖尿病治療薬のアクトスに関しては、紆余曲折がありそうです。



         1129-5.PNG
          1129-6.PNG  




   
私見)
 色々な文献からも、今後は非B、非Cの肝炎からの肝癌発生が懸念されていますが、ウイルス性肝炎の
 場合は患者さんの対象が絞り込まれますが、このNAFLDからの肝癌発生は少ないとは言え、ある日
 突然、と言う事もあり注意が必要です。
 診断に対する色々なマーカーは肝生検以外は不十分との事で、外来での対策が重要視されます。





本当は怖い脂肪肝.pdf

NAFLD_NASHガイドライン.pdf

病理.pdf

Coffee Linked to Lower Risk for Severe Liver Fibrosis.pdf

Dietary Treatment of Nonalcoholic Steatohepatitis.pdf

Fatty liver disease.pdf

NASH症例で繰り返し肝生検により F3stageから肝硬変へ進展した症例の臨床的特徴.pdf

びまん性肝疾患の病変進展度診断.pdf

肝疾患-脂肪肝を除くー.pdf

肝組織脂肪化におけるBモード像.pdf

脂肪肝経過観察中に見つかった4cm大の肝細胞癌.pdf

脂肪肝実質に出現する簾状エコーの発生機序に関する考察.pdf

非アルコール性脂肪性肝疾患.pdf














posted by 斎賀一 at 18:36| Comment(1) | 肝臓・肝炎