2017年11月08日

65歳以上の高齢者はインフルエンザに注意

65歳以上の高齢者はインフルエンザに注意
 
The Role of Healthcare Professionals
in Protecting Older Adults against Influenza



1108.PNG



 アメリカのCDCより、65歳以上の高齢者に対してインフルエンザの啓蒙活動としてのパンフレットを
含めたお知らせありました。


その内容は

1) インフルエンザで入院する人の50~70%は、65歳以上の高齢者である。
   また、インフルエンザ関連死の85%も65歳以上の高齢者でした。

2) 年齢と共に免疫力は低下してくる。それと関連してインフルエンザのワクチンの効果も減弱してくる。
    (アメリカでは対策として高齢者に対して特別のワクチンがあるようですが、日本では上市されて
     いません。)

3) 65歳以上の高齢者では慢性の基礎疾患を持っている人が多く、合併症を引き起こす可能性が高い。

4) インフルエンザが治癒しても、高齢者は健康な時ほどの完全回復には程遠く、その後の生活にも影響
   する。

5) インフルエンザに罹患する事により心臓発作、脳卒中やその他の心血管疾患を誘発する。

6) インフルエンザのワクチン接種率はやや増加傾向であるが未だ理想には程遠い。





私見)
 高齢者の方にはインフルエンザのワクチン接種をお勧めすると同時に、罹患した場合は合併症の悪化や治癒後の管理も充分に行うことが必要なようです。
 三段階、つまりインフルエンザの予防、罹患時の合併症の有無、回復時のチックと多岐に亘ります。
この啓蒙活動は医療関係者様でもあります。





The Role of Healthcare Professionals in Protecting Older Adults against Influenza.pdf

65-flu-fact-sheet.pdf

65-flu-poster.pdf

care-for-older-adults-care-about-flu-infographic-pdf.pdf












posted by 斎賀一 at 19:43| Comment(0) | インフルエンザ