2017年09月11日

スピリーバは軽症COPD(慢性閉塞性肺疾患)にも有効

スピリーバは軽症COPD(慢性閉塞性肺疾患)にも有効

Tiotropium in Early-Stage Chronic Obstructive Pulmonary Disease
             N Engl J Med 2017;377:923-35


0911.PNG
 


 COPDは世界的に増加傾向です。
喫煙は勿論、高齢化や大気汚染も関与して、今後もCOPD関連の死亡率の増加が懸念されています。
COPDの診断は呼吸機能検査が主です。1秒率が判定基準になります。
GOLDの診断基準では、1秒率が80以上がステージ1、50~79がステージ2です。
70%以上で呼吸症状が無いか、軽症(労作時の呼吸困難がない)の場合をCOPDの軽症としています。
スピリーバは中等症以上のCOPDに有効との報告は以前の論文で証明されていますが、(私のブログを
ご参照ください。)

 今回はこの軽症COPD患者に対して、スピリーバ(長時間作動の抗コリン吸入薬)がその後の病状の
進展に有効かどうかの報告が、かの中国からされています。
  (大気汚染は深刻な社会問題となっていると思います。)

詳細な結果は、NEJMの日本版を同時に掲載しますので参照ください。


結論的には

1) スピリーバを2年間使用すると、気管支拡張薬吸入前での1秒率の変化はそれ程ないが、吸入後
   では明らかに1秒率の低下はなかった。

2) 明白な1秒率の低下の予防効果は無いが、CPODそのものは症状が無くても1秒率の悪化は進んで
   いるので、更に重症化の進展を抑制出来るかもしれない。

3) しかもスピリーバの方が急性増悪の頻度も少ないし、QOLの改善も認められた。

4) 副作用の出現(心血管疾患の増悪や尿閉)はコントロールと同じである。




 
          0911-2.PNG




          0911-3.PNG





私見)
 心血管疾患を有する高齢者でも、COPDの軽度の症状があれば、スピリーバの吸入はQOLの改善と
 重症化の進展予防には効果があり、副作用は懸念しているほど心配はないようです。





早期慢性閉塞性肺疾患におけるチオトロピウム | 日本語アブストラクト |.pdf


気管支拡張薬外用剤型一覧(1).pdf











posted by 斎賀一 at 20:12| Comment(0) | 喘息・呼吸器・アレルギー