2017年08月31日

乳幼児の長引く咳に潜む疾患

乳幼児の長引く咳に潜む疾患

Chronic cough postacute respiratory illness in children


       
0831.PNG



 乳幼児の長引く咳に細菌感染が関与しているとの論文です。
 (日本では反対の見解もあるようです)


 1) 急性呼吸器疾患の発症後4週間続く咳を慢性咳嗽としています。

 2) 救急外来を受診した839人の15歳以下の乳幼児が対象(平均2.3歳)
    登録の時点で、74.8%が咳は1週間以内継続していました。
    20.4%がその後28日間も咳が続きました。

 3) 30.8%に新たに肺の疾患が潜んでいる事が診断され、その中の47%は長引く細菌感染症
    との事です。
    百日咳とマイコプラズマ症が多く認められました。
    その他として、14.5%が喘息、11.1%が何らかの呼吸器形態異常、3.4%が誤嚥性、3.4%
    が無呼吸発作、3.4%が気管支拡張症でした。

 4) そのままにしておくと元に戻らない肺疾患(非可逆的)に繋がる危険があると指摘しています。



私見)
 日本ではフリーアクセス(皆保険のため医療機関に受診しやすい)である点と、外国での救急外来とは
プライマリケアーに対しての2次医療機関である点が異なり、その結果対象に重症例が多くなっています。
 抗生剤の投与に関しては、適正使用との兼ね合いもあり難しい問題ですが、次回は日本の文献を参照
してみたいと思います。



archdischild-2017-3.pdf








 
 

posted by 斎賀一 at 15:06| Comment(1) | 小児科