2017年08月13日

カンピロバクター食中毒が増加傾向

カンピロバクター食中毒が増加傾向

Increasing Campylobacter Infections, Outbreaks, and
Antimicrobial Resistance in the United States, 2004–2012



0813.PNG



 以前より指摘されていましたが、アメリカでもこの8年間で21%もカンピロバクターによる食中毒が
増加しているとの報告です。
しかもそれに対する抗生剤の耐性化も進んでいると警告しています。
増加傾向は4歳以下と60歳以上に認められています。勿論、若い人も食文化の変化で増加傾向です。
耐性化はキノロン系のシプロキサンで23.4%、エリスロシンで2.1%認められています。(日本では更に
増加しているとの報告です。その主な原因は鶏の飼育に抗生剤、特にキノロン系を混ぜて食べさせている
からです。本院では、治療にホスミシンを第一選択としています。)


カンピロバクターに関して考察いたしましたので、下記のPDFに纏めてみました。


文献.pdf


カンピロバクター.pdf













posted by 斎賀一 at 17:57| Comment(1) | 消化器・PPI