2017年07月24日

早期前立腺癌の根治手術と経過観察(積極的監視)の比較

早期前立腺癌の根治手術と経過観察(積極的監視)の比較
 
Follow-up of Prostatectomy versus
Observation for Early Prostate Cancer

n engl j med 377;2 nejm.org July 13, 2017



0724.PNG



 以前に私のブログでご紹介したPIVOT研究の続編です。  
   (経過観察の期間が10年から20年に延長しています。)
  

 纏めますと   (一部日本版をコピペしました。)

 1) 1994 年 11 月〜2002 年 1 月に、限局性前立腺癌患者 731 例を根治的前立腺全摘除術群と
    経過観察群に無作為に割り付けましたが、更に2014 年 8 月まで追跡を延長しています。

 2) 追跡期間 19.5 年(中央値 12.7 年)の間に、死亡は手術群 364 例中 223 例(61.3%)、
    経過観察群 367 例中 245 例(66.8%)で発生した。

 3) 前立腺癌または治療による死亡は、手術群 27 例(7.4%)、経過観察群 42 例(11.4%)で
    発生した。

 4) 内リスク患者では、手術は経過観察よりも低い全死因死亡率に関連した可能性があるが、低リスク
    患者、高リスク患者では関連しなかった可能性がある。

 5) 前立腺癌または治療に関連する日常生活動作制限の頻度は、2 年目までは手術群の方が経過
    観察群よりも高かった。

 6) 結論として、限局性前立腺癌患者の 20 年近くにわたる追跡により、手術は経過観察と比較して、
    全死因死亡率と前立腺癌死亡率が有意に低いことには関連しないことが示された。

 7) 考察では以下の様に述べています。
    手術の群が全死亡率で6%の減少、前立腺癌関連死亡率は4%の減少と一見有利のような結果
    だが、統計学的に処置するとそれ程の差は無い。
    低リスク群と高リスク群では3%以下の差でしかない。
    手術しても41%が進行して、34%が抗ガン治療を含めた対応をしている。

    考察を纏めると
    a) 低リスク群でPSAが低値の場合は、進行がかなり緩徐である。
     b) 中リスク群では手術が有利の様だが、更なる検討が必要。
      グリソンスコアーの改訂によりグレードが高くなり、多くの患者が経過観察から手術に回って
      しまった。
    c) 高リスク群では予後が悪いので、手術のメリットを今後十分に検討する必要性がある。
    d) 手術により、失禁や性生活を含めたQOLの低下を招く。




私見)
論文のグラフは下記のPDFに収めましたのでご参照ください。
グラフでも明らかに手術の方が優位ではないかと思ってしまいます。
論者は前立腺癌は進行が緩徐だから経過観察でよいとしている様な印象です。
しかし早期の前立腺癌の中には進行が速いものも含まれているかもしれないと想像します。
差は無いと言っても第一に手術を想定し、前立腺癌は進行が遅いので、第二に経過観察の方法もあると
患者さんに説明するのが妥当ではないかと思いました。




前立腺癌.pdf









posted by 斎賀一 at 21:22| Comment(1) | 泌尿器・腎臓・前立腺