2017年06月23日

心筋梗塞後にβ-ブロッカーは有効か?

心筋梗塞後にβ-ブロッカーは有効か?
           <ツイッター版>

b-Blockers and Mortality After Acute Myocardial Infarction
in Patients Without Heart Failure or Ventricular Dysfunction





 統計学的によく理解していないので(propensity-score analysis)今回はツイッター版でご紹介いたします。

 心筋梗塞で入院した場合に心筋の壊死の程度に関わらず(STEMIとnon-STEMI)退院時には殆どの患者さんがβ-ブロッカーを処方されます。
 (心筋の保護と異常興奮を抑える意味で。 本院では、アーチスト、テノーミン、メインテート 等)


今回の論文では

 1) 心筋梗塞で入院した、心不全を併発していない患者さん18万人を対象にしています。

 2) 全体の95%がβ-ブロッカーを服用していました。

 3) 1年後の死亡率を比較すると、服用者と非服用者では 5%対11% と明らかに服用していた方が
    有効でした。

 4) しかし、統計学的に(propensity-score analysis)バイアスを除いてランダマイズ形式にすると、
    1年後の予後は同じでした。





私見)
 筆者は述べていますが、今回の結果をすぐにガイドラインに反映するのは適当でないとしています。
 何とも思わせぶりな論文ですが、診療するものとしては頭の隅に記憶しておかなくてはと思います。




2710.full.pdf













posted by 斎賀一 at 19:30| Comment(0) | 循環器