2017年06月12日

DAA(経口C型肝炎治療薬)の3剤併用療法の有効性

DAA(経口C型肝炎治療薬)の3剤併用療法の有効性
 
Sofosbuvir, Velpatasvir, and Voxilaprevir
for Previously Treated HCV Infection
                    n engl j med 376;22 nejm.org June 1, 2017


0612.PNG




 今までに他のDAA薬(インターフェロンを用いない経口療法)で効果の無かった人を対象に、新たな
DAA合剤(3剤併用)を使用する事により、かなり有効な結果が得られたとの報告です。


DAAの遺伝子配列をおさらいしますと



         0612-2.PNG



NS3/4AのVoxilaprevir、NS5AのVelpatasvir、及びNS5BのSofosbuvir の3剤併用です。
  (NSとはnon-structureの意味です。)



今回のNEJMの論文を纏めてみますと

1) 今までにDAA不成功例(耐性ウイルスの出現が主)の多くの例が、NS5Aに対する耐性ウイルスに
   よるものでした。
   NS5BのSofosbuvirは色々なウイルスの型に有効です。
   今回の治験では更にpangenominic(多種類のウイルス型に有効)なVoxilaprevirとVelpatasvir
   を併用しています。

2) 色々なウイルスの型の患者を対象にしています。
   しかも全て以前の治療に不成功の患者で、代償性肝硬変も含んでいます。

3) 基本的には12週間の治療でSVR(血液にウイルスが居なくなった状態。C型肝炎はRNAウイルス
   なので、血液にいなくなれば治癒したものと考えられます。)を調べました。
   2つのスタディの報告です。




         0612-3.PNG
         0612-4.PNG




4) NS5AはC型肝炎の治療には重要な役割を担っているために、レジメには外す訳にはいきませんが、
   耐性ウイルスの出現が懸念されています。予想通りにNS5Aに対する耐性ウイルスが出現していた
   が、SVRにはその影響は無かったとの事です。

5) 副作用に於いても問題になる事例は殆どありませんでした。



            0612-5.PNG





私見)
 未だ治験の段階ですが、一度DAAで不成功の患者さんにも朗報です。
 明日、C型肝炎ウイルスの生活環を調べてブログします。












posted by 斎賀一 at 19:55| Comment(0) | 肝臓・肝炎