2017年06月06日

チョコレートが心房細動の予防になる?

チョコレートが心房細動の予防になる?

Chocolate intake and risk of clinically apparent atrial fibrillation



0606.PNG

     

 適度なチョコレートの摂取が心血管疾患、心不全、心筋梗塞の発生頻度を減少させるとの報告がなされました。


問題の心房細動ですが研究規模が小さいため断定的には結論付けができないとしていますが

 1) 55,502人を登録してBMI、血圧、コレステロールを測定しています。

 2) 13.5年間の経過観察ですが、心房細動が3,346人発生しています。

 3) チョコレートを月に1オンス(28gr:板チョコの約半分)以下しか摂取しない人を基準にすると
     ・月に1オンスを1〜3回食べると心房細動が10%減少
     ・週に1オンスを1回食べると17%減少
     ・週に1オンスを2~6回食べると20%減少
    これを6回以上食べるとカロリーの摂り過ぎとなり、体重増加のマイナス要素となる。




私見)
 チョコレート業界の回し者とは思いませんが、最近チョコレートの効用が叫ばれています。
 以前の私のブログでは(2015-06-17)チョコレートを食べても心房細動の危険は無いとの論文を紹介
 しましたが、今回の報告ではむしろ積極的にチョコレートを摂取した方が、心房細動の予防になるとの
 事です。
 (まさか論者の嗜好が先行している訳ではないでしょうが...。 例えば何かが前立腺癌の予防になる
 とか?)
 最近のチョコレートは小さなピース状ですので(4gr)、疲れたと思ったら、一日に2ピースも食べれば
 上出来でしょうか。




heartjnl-2016-310.pdf












posted by 斎賀一 at 19:53| Comment(0) | 循環器