2017年06月29日

脳卒中発症後の体位について

脳卒中発症後の体位について

          Cluster-Randomized, Crossover Trial of Head Positioning in Acute Stroke
          n engl j med 376;25 nejm.org June 22, 2017



0629.PNG

   

 急性脳卒中で入院中の体位に関して仰向けか、やや頭を高くした(30度)座位の場合とでどちらが良いかの比較検討をした論文がNEJMに載っていました。

急性期脳卒中患者 11,093 例を仰臥位で治療を行う群と、頭部を 30°以上挙上して座位で治療を行う群に振り分けて調査しています。
指定された体位は入院直後に開始し24 時間維持、主要転帰は 90日の時点での障害の程度としました。勿論、発症後の再灌流の治療後に実施です。

結論的には、結果は同等でした。
90 日以内の死亡率は、仰臥位群の患者で 7.3%、座位群の患者で 7.4%でした。
肺炎などの重篤な有害事象の発現率に、群間で有意差は認められませんでした。



考察)
発症早期では仰臥位にした方が脳循環が良く、回復にも利点があると思われていて、逆に座位の方が嚥下性肺炎の予防には良いとされていますが、今回の結果では以前の報告と異なり、同等でした。


理由として

1)対象患者が比較的神経症状が軽度であったので、早期での座位がpenumbra(早期で神経細胞が
  回復できる領域)に影響を与えなかったのかもしれない。
   ※下記PDFを参照。

2)施設でガイドラインが徹底しており、誤嚥性肺炎の対策が十分で、その発生が抑制出来たかもしれ
  ない。




私見)
 脳卒中患者は従来、動かさないようにとの迷信じみた事が言われていましたが、現在は発症後は早期で
 入院設備の整った病院に転送する事が大事です。
 その際、実地医家としてはフラットの仰臥位での転送が基本です。
 もし誤嚥の危険性があれば、救急車の中で頭を30度位高くして注意観察する事も許される範囲では
 ないでしょうか。



キャプチャ.PNG3.pdf

ペランブラ.pdf

ペランブラの図.pdf









posted by 斎賀一 at 12:56| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害

2017年06月26日

上部消化管内視鏡診断のその2

上部消化管内視鏡診断のその2
 
<院勉強会資料;業務連絡>




 今回は胃を中心に色々な文献、書籍よりピックアップいたしました。
 (著作権の侵害と悪く解釈しないでください。むしろ書籍の宣伝と捉えてもらいたいものです。仮に私の
ブログを利用しようと思う御仁がいたら私は本望です。)

 技術の進歩はめざましいものがあります。だからと言ってそれは単なる一つのツールでしかありません。過剰に診断に取り入れると火傷をする気がします。

 (愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶと言うそうです。
  さしずめ開業医は経験から学び、学者は論文から学ぶとでも言えるでしょうか。
  愚者の開業医である私は、単に成功例から学ぶべきではないと思っています。
  本当は職員の皆が陰で私の悪口を言っているのではとか、私の医療は正しいのかと自問する事が
  私の心の糧です。)



参考文献
 色々な文献から引っ張って来ましたので、どれがどれだか分からなくなってしまいました。
 後日機会がありましたら掲載します。
  尚、お奨め書籍は下記です。 (宣伝も兼ねて記載させて頂きます。)

  1)上部消化管内視鏡診断マル秘ノート : 医学書院
  2)画像で見ぬく消化器シリーズ : 医学出版
  3)消化管拡大内視鏡診断2016 : 医学書院
  4)胃と腸の八尾氏などの論文





内視鏡 胃その1.pdf

内視鏡 胃その2.pdf

八尾建史氏の論文再考.pdf

LCI.pdf








posted by 斎賀一 at 20:33| Comment(2) | 消化器・PPI

2017年06月24日

上部消化管内視鏡検査について

上部消化管内視鏡検査について
          
<本院勉強会の資料;業務連絡>




 新しくフジの内視鏡システムを購入しました。観察の仕方が変わりましたので、皆で勉強して技術の向上に役立てましょう。

先ず、食道癌の早期発見のため、色々な資料よりピックアップした画像をPDFに取り入れましたので、勉強会の前に個人で学習してください。
 近々、胃も纏めて掲載いたします。




参考文献


 1)胃と腸より(各種)

 2)日本消化器病学会雑誌;V.110.N.10.2013

 3)画像で見ぬく消化器疾患上部消化管;医学出版

 4)上部消化管内視鏡診断マル秘ノート;医学書院

 5)日レ医誌;35.1.2014



 食道癌その1.pdf

 食道癌その2.pdf

 食道癌その3.pdf












posted by 斎賀一 at 15:44| Comment(0) | 消化器・PPI