2017年04月27日

脂質異常症の治療薬(スタチン系)に対するアメリカの二つのガイドライン

脂質異常症の治療薬(スタチン系)に対するアメリカの
二つのガイドライン

Comparison of Recommended Eligibility for Primary Prevention
Statin Therapy Based on the US Preventive Services Task
Force Recommendations vs the ACC/AHA Guidelines



0427.PNG



 心血管疾患の予防のための、アメリカの二つのガイドラインを比較した論文がでました。


二つのガイドラインとは

一つめは、2013年にACC/AHAから出ましたガイドラインです。
 これは脂質異常症の患者を対象にしています。

 1) 心血管疾患を有する75歳以下の患者は強力スタチンを用いて、75歳以上の患者は中等度以下の
    スタチンを用いる。

 2) LDLコレステロールは190以下を目標

 3) 心血管疾患が無くても、糖尿病患者の場合はLDLが189以下でも中等度のスタチンを用いるべき
    で、10年リスクが7.5%以上の場合は強力スタチンを選択する。

 4) 心血管疾患や糖尿病が無く、LDLが189以下でも10年リスクが7.5%以上ならスタチンを用いる。


二つ目はUSPSTEから2016年に出たガイドラインです。

脂質異常症の定義として、LDLが130以上かHDLが40以下としており、対象を心血管疾患の予防のための概念からして、LDLが190以上や既に心血管疾患の既往のある人は除外しています。
    ※以下に含まれる一つのリスクとは、脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙を指します。

 1) 40~70歳で心血管疾患は無いが一つでもリスクがあり、10年リスクが10%以上なら中等度以下
    のスタチンを用いるべき。(B)

 2) 40~70歳で心血管疾患が無いが一つでもリスクがあり、10年リスクが7.5~10%の場合は中等度
    のスタチンを用いる場合もある。(C)

 3) 75歳以上の場合は処方するメリットが無いかもしれない。


 今回の論文では3,416名の心血管疾患のない人(平均年齢は53歳)を対象に調査しています。
既に22%がスタチンを服用していました。ACC/AHAに従って服用した場合はスタチン服用は24%で、USPSTEに従った方は16%とその開きは約9%でした。




私見)
 スタチンに依る重大な副作用は殆どありませんが、軽度の筋肉痛を含めますと20%近くになるとの報告もあり、費用対効果の問題も含めて、USPSTEのガイドラインが登場したようです。
今後の結果(アウトカム)の報告が待たれますが、本院では取りあえずUSPSTEを参照してまいります。
  (以前の私のブログを参照して頂ければ幸いです。)
尚、スタチン系については下記を参照ください。




          0427-2.PNG





2618621.pdf

2013 ACCAHA Guideline.pdf

US Preventive Services Task Force Recommendation Statement.pdf












 
posted by 斎賀一 at 14:07| Comment(1) | 脂質異常

2017年04月25日

食道逆流症と咳の関係

食道逆流症と咳の関係

Determinants of reflux-induced chronic cough



0425.PNG

    

 長引く咳の原因として、食道逆流症を鑑別するようにとのガイドラインがあります。
 (私は内心、あまり信用していないのですが...内心の問題なので御免なさい。)

 以前から、胃酸の逆流により気管の方に微小誤嚥(microaspiration)が起るのが原因と仮定されていましたが、むしろ胃酸の逆流ではなく、食道の下部での逆流による食道−気管支の神経反射が原因とする説が、今回の論文の主旨です。

 食道逆流症の既往がある2,270人の内、咳発作を伴う395人をリストアップして、更にその中の49人に対してPPI(胃酸分泌抑制剤)を中断し、胃酸の逆流及びPHをモニタリングして調べました。
結論として、咳は下部食道に対する逆流の量とその時間に関係するが、PHの低下には関係がなかったとしています。
この事により食道逆流症に関係する咳には、H2ブロッカーやPPIなどの胃酸分泌抑制剤は効果がないとしています。



私見)
 咳の長引く小児にPPIを処方するのは躊躇していましたが、大人に対しても効果は半分といった感じです。
 食道逆流症に対する生活指導から行なっては、と思いました。
  (私のブログをご参照ください。)



gerd 咳.pdf









posted by 斎賀一 at 20:55| Comment(0) | 消化器・PPI

2017年04月24日

糖尿病患者の糖質制限

糖尿病患者の糖質制限

             <ツイッター版>



     巷間で、糖質ゼロ運動が流布しております。
    確かに、糖尿病患者に従来の基準より糖質を制限した方が、短期的には効果がありそうです。
    それを踏まえて、糖質を40%まで制限する事も認められてきています。
    その場合の注意点が記載されています。




         0424.PNG




   糖質.pdf








posted by 斎賀一 at 19:44| Comment(0) | 糖尿病