2017年03月29日

睡眠導入薬(ベンゾジアゼピン系)について

睡眠導入薬(ベンゾジアゼピン系)について

Treatment of Benzodiazepine Dependence
                    N Engl J Med 2017;376:1147-57.


0329.PNG
    
  


  今回、NEJMより的確なベンゾジアゼピン系薬の総説が出ましたので、まとめてみました。

 1) ベンゾジアゼピン系は代謝産物もあり、それも勘案されるために半減期が長いもの(代謝が長い
    もの)では低用量でも依存性が生ずる。
    しかし半減期が短いものでも代謝産物が意外に長く、依存症となる。
     (下記のグラフ参照)

 2) ベンゾジアゼピン系の作用部位は他の依存薬と同じである。
    オピオイド系の薬剤との併用は、特に注意が必要

 3) 最初に処方されて、3か月以上服用する人は35.8%、1年以上は15.2%、
    8年以上は4.9%でした。

 4) 急に服用の離脱をした場合の症状は、下記のグラフを参照
    短期作用型では2〜3日、長期作用型では5〜10日で出現する。
    マイルドな症状は不眠、倦怠感、パニック症状、下肢ムズムズ、興奮、不安、抑うつ、など
    急な離脱で時に譫妄、痙攣発作も出現することがある。

 5) 離脱する場合は
    4〜6週間かけるのが一般的
    毎週50%づつ減量か2週間ごとに10~25%ずつ減量する方法がある。
    数か月かけての減量は、却って患者の気分の不安定を助長するので避ける。
    多剤の場合は、セルシンなどの単剤に切り替える試みもある。
    一般的に短期作用型の方が長期作用型より離脱が難しい。
    だからと言って、短期作用型から長期作用型に変更しても成功率は低い。
    メラトニン関連薬への切り替えも一つの方法
    就眠前に抗不安薬を服用するのも一つの代替案(スムモンチールなど)

 6) 最近はベンゾジアゼピン系の処方が減少
    主な理由は他の睡眠導入薬が多く処方されるようになったため。
    特にZ薬(マイスリー、アモバン、zaleplon)は下記pdfを参照

 7) 間歇療法の重要性を説明する。
    特に継続服用をしないように指導する。(一般的には4〜6週間が限度)

 8) ベンゾジアゼピン系の薬はかなり安全である。
    よって上記の事に注意して処方し、安定的に患者の状態を保つことが大事である。
    闇雲に全ての患者に減量や離脱を勧めるのは、却って問題を複雑にする。
    特に患者の背景とか高齢とかを十分に勘案しなくてはいけない。

 9) 心理療法も効果あり。
    今回のブログでは省略します。


  
               0329-2.PNG



        0329-3.PNG



                   0329-4.PNG


         0329-5.PNG





私見)
 私なりに睡眠導入薬に関しては勉強してきたつもりです。
 これらの薬剤と認知症との関係やら、患者さんばかりでなく医師すら不安になる情報が多くあります。

    “ The prognosis with standard treatment is often fairly good ”

 この論文には温かい眼差しを感じました。
 下記に薬剤の分類をPDFで掲載します。




hypnotics+antianxieties.pdf











posted by 斎賀一 at 19:49| Comment(0) | 脳・神経・精神・睡眠障害

2017年03月28日

ワーファリンよりも新規の抗凝固薬(DOAC)の方が有効

ワーファリンよりも新規の抗凝固薬(DOAC)の方が有効
               <ツイッター版>





 従来のワーファリンよりも、新しい抗凝固薬の方が安全性も効果も優位との報告です。
 



noac.pdf






posted by 斎賀一 at 19:39| Comment(0) | 循環器

ED薬(勃起不全治療薬)は心筋梗塞患者に安全?

ED薬(勃起不全治療薬)は心筋梗塞患者に安全?
                <ツイッター版>



 にわかには信じがたい論文です。
心筋梗塞の罹患後に元気を取り戻し、さてその後にED薬を服用しても症状の悪化はなく、却って心不全、入院率、死亡例の何れも低下していたとの報告です。



私見)
         いのち短し 恋せよ友よ
         熱き血潮の 冷えぬ間に



 
 一句整いました

        「 ED薬とかけて非常食と説く 」

 その心は

      万が一、そのチャンスのため用意して、使わないに越したことはないが... 
      期限切れ...。





ed.pdf

ed mi.pdf


posted by 斎賀一 at 19:32| Comment(2) | 循環器