2017年01月24日

前糖尿病のスクリーニング法と介入治療

前糖尿病のスクリーニング法と介入治療
 
Efficacy and effectiveness of screen and treat policies in prevention of type 2
diabetes: systematic review and meta-analysis of screening tests and interventions



0124.PNG




 “前糖尿病”との診断名には反対意見がありハイリスク群としている論文もありますが、日本では下記のように境界型とか、糖尿病型としています。(必ずしも前糖尿病とは一致しませんが)




         0124-2.PNG   

        Medical Practice vol.32 110.1 2015より




         0124-3.PNG

         糖尿病治療ガイドラインより



 前糖尿病とする診断基準はアメリカ糖尿病学会(ADA)が一般的ですが、WHOによるものもあります。

ADAによると 
 空腹時血糖が100~125、負荷試験の2時間血糖が140~199、A1cが5.7~6.4 のいずれか

WHOによると
 空腹時血糖が108~125、負荷試験の2時間血糖が140~199、A1cが6.0~6.4 のいずれか


明らかにWHOなどの従来の基準に比べてADAの新基準は緩い印象です。
ADAの基準により前糖尿病状態が多くなるようです。
(この事に関しての論文を、以前に私のブログでもご紹介いたしました。)

今回の論文は前糖尿病と診断する正確さと、その後の治療的介入の成果を検証しています。




         0124-4.PNG

      WHOの基準では27%が前糖尿病と診断されます。
      空腹時血糖、糖負荷試験での2時間血糖、A1cでの診断結果を図譜で示しています。




          0124-5.PNG

      ADAの基準では54%も前糖尿病と診断されています。




今回の論文を要約しますと

 1) 18歳以上を対象に調査

 2) 負荷試験での2時間の血糖値を基準にして比較調査しました。
     空腹時血糖値は感度が0.25で特異度は0.94
     A1cは感度が0.49で特異度は0.79でした。
     何れにしましても、前糖尿病と診断するにはA1cも空腹時血糖値も正確さに劣るようです。

 3) 前糖尿病と診断しての介入治療として、ライフスタイルの改善では37%の効果に比して、メトグルコ
   の投与では26%とやや低下傾向です。


 筆者は糖尿病の発生抑制にこのスクリーニングと治療の戦略は不十分で、糖尿病と無関係の人まで対象になってしまう可能性を指摘しています。




私見)
 前糖尿病という診断名も場合によっては曖昧で、必ずしも糖尿病に直結しないかもしれません。
 随時血糖、A1c、尿糖、眼底検査などの臨床症状など、総力を挙げて糖尿病のリスクを判断しなくてはいけないようです。この事は特定健診での指導の際にも注意が必要になりそうです。 
(何れにしても王道は無いと言う事でしょうか。)

Uptodateの内容も参考にしてみます。



         0124-6.PNG


         0124-7.PNG

         0124-8.PNG
         0124-9.PNG 

       FPGの5.6は血糖100で、 7.0は125です。






Efficacy and effectiveness of screen and treat policies in prevention of type 2.pdf





posted by 斎賀一 at 22:11| Comment(0) | 糖尿病