2017年01月14日

牛肉は男性にとって結腸憩室のリスク

牛肉は男性にとって結腸憩室のリスク
 
Meat intake and risk of diverticulitis among men



0114.PNG

      

 結腸憩室は食物繊維との関係が度々言われていますが、その他の食事に関しては明快な研究が
なかったようです。(以前より、ヨーグルト、喫煙との関係、潰瘍性大腸炎の薬の効果、漢方薬が論じられています。)
今回の論文では、男性に限っての調査ですが牛肉、特に加工していない牛肉は大腸憩室のリスクになるとの報告です。

 46,461名の40~75歳の男性を26年間、2012年まで経過観察しています。
牛肉を多く摂ると危険率は1.58に増加しますが、代わりに魚や鶏肉を摂ると、その危険率が低下する
との報告です。



         0114-2.PNG


     牛肉を1週間で多く摂れば危険率は上がるが、一定以上になると増加はしない。



         0114-3.PNG


     魚は摂れば摂るほど危険率は低下、鶏肉も悪化はしない。
    この機序は不明ですが、今後の食事指導には役立つとしています。



私見)
 最近は憩室炎が多くなってきたように感じます。
 特に大人では、虫垂炎よりも診断する機会が増えています。
 また再発する頻度も40%以上との報告がありますので、今後は牛肉は控えて、鶏肉や魚を勧めて
 参ります。




Meat intake and risk of diverticulitis among men.pdf







posted by 斎賀一 at 15:52| Comment(1) | 消化器・PPI