2017年01月05日

C型肝炎治療薬(DAA)は腎機能低下患者でも有効で安全

C型肝炎治療薬(DAA)は腎機能低下患者でも有効で安全

Real world data of daclatasvir and asunaprevir combination therapy
for HCV genotype 1b infection in patients with renal dysfunction


0105.PNG




 DAAは現在4種類が発売されています。
それぞれに棲み分けが出来ています。特に問題なのは腎機能低下の人の薬剤選択ですが、DAAの中で一番最初に発売された “daclatasvir/asunaprevir” はそれに適した薬剤との報告が、日本から発信されました。
ウイルスの型は日本人に多いTbです。924名が対象です。


 腎機能はeGFRで表されます。

   eGFRが50以上(ほぼ正常)では3か月服用後の成功率は、89.3%
        30~49(軽度障害)では                  93%
        30以下(障害)では                      97%


 殆ど差はなく、しかも薬剤における肝障害は、eGFRが低下している人の方が少なかったとの結果
でした。



私見)
 腎機能低下の人も早めの治療をお勧めします。




HCV DAA.pdf








posted by 斎賀一 at 15:10| Comment(0) | 肝臓・肝炎