2017年01月25日

小児の感染性扁桃腺炎の治療選択

小児の感染性扁桃腺炎の治療選択
 
Tonsillectomy Versus Watchful Waiting for Recurrent Throat Infection



0125-3.PNG



 要約だけでのご紹介となってしまいます。
繰り返す感染性扁桃腺炎に対して、扁桃腺摘出術と抗生剤による内科的治療との比較を調べています。
 結論的には、外科的な扁桃腺摘出術の方が術後1年間は再発率が低いが、長期的な点になると不明確であるとしています。
よって、この点を十分に保護者に説明する責任があるとしています。



私見)
 扁桃腺肥大は年齢と伴に縮小しますし、扁桃腺摘出をしてもその後に咽頭炎やアデノイドが腫れる事もあり、長期的な見地からはなかなか難しい問題だと認識しています。




Tonsillectomy Versus Watchful Waiting for Recurrent Throat Infection_ A Syst.pdf









posted by 斎賀一 at 19:46| Comment(0) | 小児科

キスは唾液の交換

キスは唾液の交換
     

0125-2.PNG




   どっかの大統領のようにツイッター形式で言いたい放題のブログをしてみます。

  キスは唾液の交換となり色々な菌がもらえて、免疫的にも体に良いとの事です。


  ほ… ほ… ほ〜たるこい! あっちの水は苦いぞ。 こっちの水はあ〜まいぞ。



  キス.pdf






posted by 斎賀一 at 19:35| Comment(1) | その他

耳かきは害

耳かきは害


      
0125.PNG



         もう一つツイッター。
         耳かきはしない方が良いとの論文。

         だけど僕は子供の頃から耳かきが好き。




    耳かきは害.pdf




posted by 斎賀一 at 19:08| Comment(1) | その他