2015年10月06日

糖尿病治療薬のメトグルコとビタミンB12欠乏症

糖尿病治療薬のメトグルコとビタミンB12欠乏症


1006.PNG

     
メトグルコを4年間服用すると、ビタミンB12欠乏症を招き、末梢性神経障害を誘発する可能性があるという論文です。

 糖尿病の初期から末梢性神経障害は起こっているとのデータもあり、どちらが原因かは難しいとされています。
しかし、糖尿病で末梢性神経障害があり、メトグルコを服用しているならば、一度は血液検査でビタミンB12とMAA(ビタミンB12の欠乏で、末梢神経障害の時に増加)を測定する必要性を説いています。

私見)
 ビタミンB12は末梢神経障害に有効です。従って、糖尿病の患者さんが末梢神経障害を併発していれば、メトグルコの服用とは関係なくビタミンB12を処方するのも良いのではと思うのですが?


Metformin, methylmalonic acid and the risk of neuropathy.pdf


posted by 斎賀一 at 20:33| Comment(0) | 糖尿病