2020年01月24日

心不全発症後の死因の変遷

心不全発症後の死因の変遷
 
Temporal Trends and Patterns in
Mortality After Incident Heart Failure



20124.PNG



 心不全に対する治療の進歩のお蔭でしょうか、新規に発症した心不全の1年後の死亡は減少傾向
です。
しかし、心血管疾患の減少とは裏腹に、その他の疾患による死亡が増加傾向です。
2002年から2013年にかけて、新規心不全発症の1年後の研究が雑誌JAMAに掲載されています。


1) 登録者は86,833人で、平均年齢は76.6歳です。
   2002年と比較しますと、2013年は死亡率が0.94と減少
   特に心血管疾患の死亡率は0.73でしたが、その他の死亡率(non-cardiac)は1.22と増加して
   相殺されています。
   80歳より若い人は死亡率が減少していますが、80歳以上では他の疾患の増加により、死亡率の
   好転は極めて軽度でした。
    (詳細は下記のPDFの図とグラフをご参照ください。)

2) 論表では次のように記載しています。
   心不全の進展は抑制されているが、特に80歳以上の高齢者の場合は包括的に(holistic)
   捉えなくてはいけないとしています。






私見)
 心不全の患者さんに対しては息苦しさ主体に診察してしまいますし、原因を心不全に結びつける
 傾向です。
 診察はholisticが基本の様です。






JAMA論文より.pdf

jamacardiology_conrad_2019_oi_190061.pdf













posted by 斎賀一 at 19:03| Comment(0) | 循環器

2020年01月22日

SGLT2阻害薬(糖尿病治療薬)は痛風にも有効

SGLT2阻害薬(糖尿病治療薬)は痛風にも有効
      <短 報>
 
Assessing the Risk for Gout With Sodium–Glucose
Cotransporter-2 Inhibitors in Patients With Type 2 Diabetes




 U型糖尿病患者は、高尿酸血症を伴う事が多いとの事です。
糖尿病治療薬のSGLT2阻害薬は腎蔵での糖の吸収を阻害しますが、以前より血中尿酸の低下作用も
報告されています。

 今回の論文はSGLT2阻害薬が実際に痛風発作も抑制するかを研究しています。


1) 比較として、GLP1作動薬を使用しています。
   対象者はU型糖尿病患者で、治療薬として新たにSGLT2阻害薬か、GLP1作動薬を使用した患者
   295,907人です。
   SGLT2群とGLP1群を一対一に振り分けています。 (其々が111,419人)
   平均年齢は54歳で、52%が女性
   経過観察は260~300日間(平均で177日間)です。



         20122.PNG



   
2) 結果
   痛風発作はSGLT群で4.9例/1000人/年、GLP群で7.8例/1000人/年でした。
   SGLT群の危険率は0.64です。



         20122-2.PNG

   
   心不全の危険率も0.63と、SGLT群が優位です。
   また、懸念されている皮膚感染症(蜂窩織炎)の危険率は、1.05と同等でした。
   SGLT2阻害薬は、痛風のリスクのあるU型糖尿病患者には有効な選択薬となります。








1 Assessing the Risk for Gout With SGLT2 Inhibitors in Patients With Diabetes .pdf

2 糖尿病治療薬.pdf










posted by 斎賀一 at 20:04| Comment(1) | 糖尿病

2020年01月21日

インフルエンザは今後も流行の危険

インフルエンザは今後も流行の危険
 
Elevated In􀂀uenza Activity: In􀂀uenza B/Victoria and
A(H1N1)pdm09 Viruses are the Predominant Viruses
 


20121-2.PNG



 正月明けからは、インフルエンザの流行がやや収まったかに見えます。
しかしアメリカのCDCからの報告では、未だ流行の勢いは続いているとの事です。
それはA型(H1N1)インフルエンザが流行し続けているのと、B型(Victoria)が流行の兆しがあるためとしています。日本でも同じ傾向が見られます。 (下記の図を参照)
特に2歳以下の乳幼児では、インフルエンザで入院する危険性はA型よりB型の方が高いとの事です。
重症化もB型の方があるようですし、更にB型はタミフルの効果が低いと言われています。
早期治療と、ワクチンを接種していない乳幼児は、今からでも是非接種を行って対策をしてください。




         20121-3.PNG





インフルエンザ HAN Archive.pdf






 

posted by 斎賀一 at 19:15| Comment(1) | インフルエンザ