2018年05月19日

心房細動の生涯発生頻度と危険因子

心房細動の生涯発生頻度と危険因子

Lifetime risk of atrial fibrillation according to optimal, borderline,
or elevated levels of risk factors: cohort study based on longitudinaldata
from the Framingham Heart Study



0519.PNG




 英国のBMJより、生涯においてどの位の頻度で心房細動が発生するのかを調べた研究が発表に
なりました。心房細動に罹患したら脳梗塞になる年間の危険率はスコア化されていますが、患者さんに
今後の治療方針を説明する際にそれを使って説明しています(CHADS2-VASscore)。
しかし、心房細動になる確率を調べた研究は余りなかったようです。


本論文を纏めますと、


 1) フラミンガム研究のデータを基にして、3世代を対象に55歳、65歳、75歳を指標年齢として
    危険因子を比較しています。勿論、登録以前に心房細動が発生した人は除外しています。
    3世代は1948年、その子の1971年、更にその孫の成人世代の2002年に登録しています。
    最長95歳まで調べていますが、死亡例や心房細動発生の時点で終了としています。
    最大限に手紙やメールでの登録もしています。
    指標年齢(index age)に関しては、例えば50~55歳の間に危険因子を測定出来たら
    その時点で開始して、55歳のindex ageとしています。
    つまり、55歳で登録して95歳までですから最大で40年間の経過観察となります。

 2) 危険因子を最適(optimal)、境界(borderline)、危険領域(elevated)、の3分類に
    しています。喫煙、飲酒、BMI、血圧、2型糖尿病、心疾患の既往が危険因子ですが
    そのborderlineに関しては、下記の表を参照ください。


              0519-2.PNG


 3) 55歳以上の人で生涯に心房細動の発生は37%でした。
    55歳をindexとすると、危険因子が全くない人では23%、境界では34%、危険因子が一つでも
    あれば(eleveted)38%でした。
    つまり、1/3人に心房細動は発生しますが、危険因子が無ければ1/5にまで減少できる。

 4) 男性の方が女性より心房細動の発生が多いのはアルコール摂取や喫煙の量が多いからと推測
    しています。

 5) 其々の危険因子における心房細動の発生頻度は下記のPDFのグラフを参照ください。



私見)
 血圧、糖尿病、心血管疾患の適切な治療を施して、更に禁煙、アルコール摂取の制限(節酒)
を達成できれば1/3人が1/5人に減少できますが、もしかしたら厳格な治療と相まって、1/6人にまで、
つまり半分に減らすことが出来そうです。何はともあれ禁酒と禁煙のようです。



Lifetime risk of atrial fibrillation.pdf


文献表.pdf







posted by 斎賀一 at 15:04| Comment(1) | 循環器

2018年05月16日

生姜が子供の嘔吐症に有効

生姜が子供の嘔吐症に有効

New study finds ginger proven to treat vomiting
in children with acute gastroenteritis



0516.PNG



 民間療法の本には定番で「擦った生姜汁」は吐いている子供に効果があると記載されています。
私も家庭内ではよく使用していました。意外に吐いている時には、生姜は難なく飲めるものだと認識していました。

 今回海外の学会で感染性胃腸症に生姜が有効との報告がなされています。
報告では10mgとしていますが、私の家庭内経験では、難しい事は言わずに生姜を擦って適宜のお砂糖を混ぜてスプーンで与えるか、またはリンゴジュースに混和してみてはと思います。





ESPGHAN_2018_GI_Ginger_Press_Release.pdf













posted by 斎賀一 at 18:46| Comment(1) | 小児科

2018年05月15日

前立腺癌のMRI検査の有用性

前立腺癌のMRI検査の有用性
 
MRI-Targeted or Standard Biopsy for Prostate-Cancer Diagnosis
n engl j med 378;19 nejm.org May 10, 2018



0515.PNG




 生検を受けたことのない前立腺特異抗原(PSA)高値の男性において、事前にマルチパラメトリック
MRIを実施して癌の可能性を調べてから、そこを標的にコア生検を実施した場合と、標準的に経直腸的超音波ガイド下生検でコア数 10〜12の生検した標準生検とを比較した論文が、NEJMに掲載されました。
結論的には、生検前に MRI を実施してから MRI 標的生検を行った群の方が、標準的な経直腸的超音波ガイド下生検に対して優越性を示しました。


纏めますと

1) PSAが20以上や直腸指診で進行癌の所見がある場合は除外しています。
   PSAが20未満で前立腺癌の疑いがある470人を、MRIを実施した群としないで標準的にコア生検を
   10~12行った群に其々235名に振り分けています。
   MRIを実施した群ではPiRADS v2の診断基準に従い、スコアーが1と2は癌の可能性が低いので
   標的生検は実施せず、3・4・5に実施しています。
   (PiRADS v2に関しては下記のPDFをご参照ください。また生検のグリソンスコアーに関しては以前
   の私のブログもご参照ください。
   簡単に述べますと、MRI所見を辺縁領域と移行領域で調べてスコアー化しています。
   グリソン・スコアーとはコア生検から細胞異型でなく組織異型を主として、標本の中で一番目と二番目
   に多い異型所見を足したものです。当然両方ともスコアー化の数字が多い方が悪性です。)




         0515-2.PNG
         0515-3.PNG



 
2) MRI 標的生検群 252 例のうち、71 例(28%)は MRI で前立腺癌が示唆されなかったため生検
   を受けなかった。つまりMRIを実施することにより、無駄な生検を1/4減らすことが出来た。

3) 臨床的に意義のある癌は、MRI 標的生検群では 95 例(38%)に検出されたのに対し、標準生検群
   では 248 例中 64 例(26%)に検出された。
   MRI群の非劣性が証明された。

   詳細の結果表は下記のPDFをご参照ください。




私見)
 MRIを実施する事により無駄なコア生検を1/4減らすことができ、その後のMRI標的生検によりコア生検
 の回数も減らせて合併症も少なくて済みます。
 なにやらMRIが標準的な診断方法のようです。
 残念ながらMRIに関しては造詣が浅いため、下記の文献をご参照ください。




前立腺癌文献より.pdf

1 文献.pdf

2 PI-RADS v2 Score 高橋.pdf

3 PI-RADS v2 Score1.pdf

4 PI-RADS v2 Score2.pdf














posted by 斎賀一 at 20:33| Comment(0) | 泌尿器・腎臓・前立腺