2019年02月15日

降圧薬のオルメテックの消化器症状;稀ながら

降圧薬のオルメテックの消化器症状;稀ながら
 
Olmesartan Associated Enteropathy: A Rare Underdiagnosed
Cause of Diarrhea and Weight Loss



0215.PNG




 以前より降圧薬・ARBのオルメテックに、稀ながら下痢症状の副作用がある事が報告されていました。
病理的にはcollagenous colitisとして注目されています。
他の薬剤関係としては、胃酸分泌抑制剤のPPIや鎮痛薬などとの因果関係も指摘されています。
 今回、降圧薬のオルメテックに関する症例報告がありましたので、再度注意したいと思いブログに
しました。


1) 2012年のMayo Clinicからの報告が最初のようです。その後は症例報告も数例で、一般的には
   殆ど心配はないとの見解でした。

2) 症例は59歳、男性で3週間にわたる嘔吐、下痢症状が続き体重減少を伴って医療機関を受診して
   います。
   血液生化学検査では脱水の所見以外特に異常はなく、便培養でも細菌を証明できていません。
   大腸ファイバー検査でも特に所見を認めていませんが、病理検査においてlymphocytic colitis
   の報告がありました。 これはcollagenous colitisと同義です。
   胃カメラ検査でも、十二指腸に同様の病理変化を認めています。

3) オルメテックを休薬して直ぐに下痢症状は改善しています。

4) 文献的な検索では、オルメテックの服用後に症状が発現するには、数か月から5年と幅が広いので
   すが、平均では3年と意外に長い感じです。
   内視鏡所見は肉眼では明白でなく、病理で粘膜下のコラーゲン様物質の沈着、リンパ球浸潤、十二
   指腸の絨毛の平定化を認めています。
   原因は不明ですが、オルメテックによる粘膜のアポトーシスが関与しているものと推定しています。
   他のARBでも報告があるとの事です。

5) 治療は特になく、休薬が最良とのことです。







私見)
 オルメテックは優れた薬剤です。本院でも汎用しています。

 下記に書籍  「薬の比較と使いわけ」 : 羊土社  の一文を掲載します。


      0215-3.png



 以前、ある循環器の教授にお聞きした時に、オルメテックが一番効果的なARBとご教授していただき
ました。オルメテックは他のARBと異なり、ダブルチャンネルが特徴との事もメーカから教えてもらって
います。その事とこのような事例が関係しているのでしょうか。
下痢が長引く場合は全てのARBをチェックする必要がありそうです。
 尚、以前の文献と雑誌 「胃と腸の特集号」 からの序論及び用語集を失礼いたしました。





1 オルメテック下痢.pdf

2 オルメテック胃腸炎.pdf

3 オルメテック.pdf

4 添付文書改訂:オルメサルタンの下痢.pdf

5 胃と腸 序論.pdf

6 胃と腸 collagenous colitis.pdf










posted by 斎賀一 at 21:53| Comment(0) | 循環器

2019年02月14日

抗生剤のアレルギーに対する問診票

抗生剤のアレルギーに対する問診票
     <業務連絡用>




 以前の私のブログで、雑誌JAMA記載のペニシリンアレルギーに対する問診票を紹介しましたが、
それを本院の看護師が本院用に作成し直してくれました。
なかなかの出来栄えで満足しています。
医療従事者は人に感謝されることが何よりです。

今後、職員の皆さんと本院の身の丈に合った皮膚テストとチャレンジテストを作成したいと思いますので、協力お願いします。
 尚、上記の問診表は、患者さんが抗生剤アレルギー歴があると申告された場合に行う予定です。
新たにペニシリン系を処方する場合に関しては、今後ストラテジーを作成しましょう。





本院用 抗生剤アレルギー歴.pdf

1 suppl2.pdf

2 JAMAより.pdf










2019年02月13日

心房細動ガイドライン 2019年版AHA

心房細動ガイドライン 2019年版AHA
 
2019 AHA/ACC/HRS Focused Update of the 2014 AHA/ACC/HRS
Guideline for the Management of Patients With Atrial Fibrillation



0213.PNG




 アメリカの学会AHAから本年の心房細動のガイドラインが出ましたので、主にNOACを中心に纏めて
みました。


1) 脳梗塞のリスク評価のCHA2DS2-VAScスコアーで男性は2点、女性は3点以上で抗凝固薬が
   適応となる。
   (CHA2DS2-VAScスコアーに関しては下記のPDFを再度ご参照ください。女性だけで1点加算され
    ます。)
   男性が1点、女性が2点でも、NOACは脳梗塞を減少させるかもしれない。

2) ガイドラインは、NOACをワーファリンよりも推奨している。

3) ただし、僧帽弁狭窄症や機械弁ではワーファリンが勧奨されている。

4) NOACを開始する前に、腎機能と肝機能を評価しておくことが大事

5) ワーファリンのコントロールが不安定な場合は、NOACに変更を勧奨する。
   但し、僧帽弁狭窄症や機械弁以外

6) 抗凝固薬の適応で腎機能低下の場合は(GFRが15以下か透析患者)、ワーファリンかエリキュース
   を勧奨する。

7) エリキュースはクレアチニンが1.5以上、プラザキサはGFRが15~30、イグザレルトはGFRが
   50以下、リクシアナはGFRが15~50の場合には用量を減ずる必要がある。

8) リクシアナはワーファリンに比べて、大出血の頻度が60mgでは2.8%対3.4%(危険率は0.80)、
   30mgでは1.6%に減(危険率は0.47)

9) 生体弁置換術では少数例だが、エリキュースとリクシアナはワーファリンと同等の効果がある。

10) 心房細動の女性は、男性に比べて脳梗塞の危険が1.31倍である。
   しかも75歳以上の場合にその頻度が最も高い。
   最近の研究では、リスクが無い場合は男性と同等の危険率である。
   65歳以上又は性別に関係なくリスクが2点以上の場合に、女性の性別の1点を追加するのは問題が
   生じる事がある。

11) ワーファリンは、透析患者で脳梗塞と大出血の危険を減少すると言われていたが、最近の研究では
   否定的見解もある。
   腎機能低下(GFRが15以下か透析患者)では、ワーファリンかエリキュースを勧奨する。
   透析はエリキュースのクリアランスに限定的な影響しか与えない。

12) 心房細動と急性冠症候群でのステント療法の合併の場合に、抗血栓薬の3者併用を行うが、その際
   はエフィエントよりもプラビックスの方が有効である。
   出血の危険がある場合は、プラビックスとワーファリンの2者併用の方が3者併用よりも安全である。
   あるいはプラビックスと低用量のイグザレルト(15mg? 10mg)も選択肢とする。
   3者併用を4~6週間かけて2者併用に変換も可能
 
13) 心房細動と急性冠症候群の合併症で頻脈が認められたら、ヘルベッサーかワソランを使用する
   事も可能だが、その際に循環状態や心不全が重態でない事を確認する。





私見)
 僧帽弁狭窄や機械弁以外では、全体的にみてワーファリンよりもNOACの方が優位の様です。
 自分が興味のある点のみ記載しました。
 また時間があれば読み直してみます。
 尚、エフィエントに関しては下記のPDFに掲載します。
 現在、本院ではエフィエントの処方は逆紹介の患者さんのみです。




【参考書籍】 :  薬の比較と使い分け    羊土社









1 心房細動ガイドライン.pdf

2 エフィエント書籍より.pdf

3 エフィエント.pdf

4 chadスコアー.pdf




       5 NOAC.PNG










posted by 斎賀一 at 19:14| Comment(0) | 小児科