2018年11月14日

プラビックス継続服用は大腸ファイバーのポリープ切除の際に可能?

プラビックス継続服用は大腸ファイバーのポリープ切除の際に可能?
 
Risk of Post-polypectomy Bleeding With
Uninterrupted Clopidogrel Therapy in an Industry-
independent, Doubleblind,Randomized Trial



1114.PNG



 ガイドラインでは、大腸ファイバーにおけるポリープ切除の際に、抗血小板薬のプラビックスは施術の
7日前に服用を中止するようになっています。しかし中断する事によるデメリットとして、早期の血栓症の
報告があります。
本院の看護師が作成したガイドラインには、プラビックスは中断するか生検を実施しないように取り決めてくれています。
 今回の論文によりますと、プラビックスを当日まで継続服用してもその後の出血の頻度は増加していま
せんでした。


纏めますと

1) 心血管疾患のため、抗血小板薬のプラビックスを服用している患者で大腸ファイバーを施行した
   387名を登録しました。
   2012~2018年間で香港での研究です。
   大腸ファイバーを行う7日前にプラビックスを中断し、その後プラビックスを継続服用する群と
   プラセーボを服用する群(つまり中断した群)に振り分けました。
   ポリープ切除をしたのは216例です。プラビックス群は106名、プラセーボ群は110名でした。

2) ポリープ切除後、1か月間の入院や再処置が必要となった出血例の累積を調べました。  
   プラビックス群では3.8%でプラセーボ群では3.6%と、その差は殆どありませんでした。





私見)
 本院では以前同様に胃カメラも大腸ファイバーも、余程でない限りは生検の実施は慎重に判断したいと思います。





Risk of Post-polypectomy Bleeding With Uninterrupted Clopidogrel Therapy in .pdf























posted by 斎賀一 at 19:14| Comment(0) | 消化器・PPI

2018年11月13日

今季インフルエンザ・ワクチンの情報

今季インフルエンザ・ワクチンの情報
            <ツイッター版>




 製薬会社のアステラスより、今季のインフルエンザ・ワクチンに関するQ&A形式の情報がありました。
参考にしてもらえばと思います。






インフ ワクチン 注意.pdf

インフ ワクチン.pdf










posted by 斎賀一 at 19:37| Comment(0) | インフルエンザ

2018年11月12日

高尿酸血症患者に対する看護師指導の有用性

高尿酸血症患者に対する看護師指導の有用性
 
Efficacy and cost-effectiveness of nurse-led care involving
education and engagement of patients and a treat-to-target
urate-lowering strategy versus usual care for gout



1112.PNG

斎賀医院は今でもベテランの看護師が頑張っています。これからもズーット。




 雑誌Lancetに、高尿酸血症の患者さんに対して看護師の指導の方が実地医家の医師が行うより、
尿酸値の正常化と痛風発作の抑制に繋がったとする論文が出ています。


纏めてみますと

1) 英国でも痛風は増加傾向で、1997~2012年に掛けて1.5%~2.5%に増加しています。
   しかしその指導に関しては、未だ十分ではありません。実地医家の医師が指導しているので、
   時間的余裕が無かったり、患者さんのモチベーションも上がらないまま治療を受けるため、結果
   十分な理解が得られず、継続的な治療参画には至っていません。
   英国では、本来尿酸治療薬を服用すべき人の半分しか治療を受けていないとの事です。
   また、本来は治療薬を漸増すべきですが、最初から固定量で尿酸値の設定に向かって治療している
   のが現状です。そのため患者さんのアドヘアランス(服薬遵守)が低下してしまいます。
   しかも高尿酸血症や痛風に関して無理解もあり、全身疾患の一つと捉えない結果となっています。
    (misconception)

2) 対象は、一年前に痛風発作を起こした成人517名を登録しました。
   255名が看護士指導で、262名が通常の指導(実地医家)に振り分けています。
   一次転帰は2年後の尿酸値の正常化(6.0mg以下)としました。
   二次転帰は2年以内の痛風発作の回数、痛風結節、QOL、費用です。
   今回看護士指導の管理では、臨床家の十分な指導と同等の結果が得られています。
   1年後の指導で92%は尿酸値が6.0mg以下に到達しています。
   2年後では尿酸値の正常化は、看護師の方が95%に対して実地医家は30%でした。
   結果の表は下記のPDFをご参照ください。

3) 以前の研究でも薬剤師による指導で同様の効果がありました。
   薬剤師による到達率は35%に対して、実地医家では14%でした。

4) アメリカの学会のAmerican College of Physiciansでは、症状を緩和する治療目標のため
   尿酸値を目標とした目標治療(treat-to- target)は行わないようにとのガイドラインですが、
   そのエビデンスは無く、患者の関与もなくなってしまうと本論文では批判的です。





私見)
 糖尿病と似たところがあります。
 職員の皆さん、尿酸、痛風に関する文献をコピーしました。
 また、本院での尿酸治療のストラテジーを作成しますので、私の以前のブログを参照しながら患者さん
 の指導に頑張って下さい。






2 ua lancet.pdf

高尿酸血症ー2.pdf

高尿酸血症 (2).pdf

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン.pdf














posted by 斎賀一 at 21:19| Comment(0) | 整形外科・痛風・高尿酸血症